狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

間取り図を描いてみよう、見てみようと思ったときに住宅用語がわからないとさらに難しくなってしまいますね。
今回は法規に関する住宅用語について解説します。


【建ぺい率】
敷地面積に対する建築面積の割合をいう。
建築面積とは水平透影面積だから、1階の面積に2階の1階より出っ張っている部分の面積を加えた面積を意味する。建ぺい率6割とか60%以上といういい方をするが、これは敷地面積に0.6を掛けたものが建築面積の限度という意味。なお庇などの出っ張り部分で、1m以上出っ張ている部分は建築面積に入るから注意しなければならない。

【容積率】
敷地面積に対する延床面積の割合をいう。延床面積とは1階、2階の床面積の総合計。容積率100%というのは100坪の敷地に合計100坪の床面積の家を建てられるということ(吹き抜けは床面積に含まれない)。

【道路斜線】
敷地が面している道路幅によって、建物の高さが決められる。住居地域では道路幅にかける1.25と決められている。したがって前面道路が4mの場合、高さ5mということになる。ただ道路から2m後退して建てると6m×1.25で7.5mまで建てられる。2階建ては楽に建てられる。後退した2mの部分に高い工作物などがなければ、道路の反対側にも2mプラスされ、8m×1.25で10mということになる。

コラム一覧はこちら資料請求はこちら


小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント