狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

家づくりの際の資金目安の紹介

お家づくりの際、どのくらいの資金で考えればよいのか、どのくらい返済していけばよいのか、初めての方には中々難しい問題です。
そこで今回は、お家作りの際の重要な資金目安をご紹介いたします。





住宅購入目安

住宅を購入する際に何を目安・基準にすればよいのでしょうか。
この目安を明確にしておかないとローンが返せないなどトラブルが起きてしまいます。
確認する目安は次の4点です。

1.現在の年収
 年収によって、借入限度額が決まるのでここが一番の基準になります。

2.現在の家賃
 現在どのくらいの家賃を払っているかも重要です。
 この範囲を基準にしましょう。

3.住宅購入のための積立金
 この2つの合計がこれから返済していく住宅のローンの目安になります。
 つまり、この範囲で払っていけるようにしなければいけません。

4.預貯金
 頭金となる目安になります。


借入限度額目安

借入限度額は年収によって決まります。
また、注意したいのは借りれる限度まで借りるのではなく、余裕を持って返せる金額にしましょう。

・銀行ローン
 年収の25〜35%

・財形住宅融資
 年間返済額が年収の25%以内

・住宅金融支援機構
 年間返済額が年収の30%〜35%以内



将来のライフプランを考える
家づくりの前の資金計画

家づくりにはしっかりした計画が必要です。
将来、貯蓄を続けられるか、共働きを続けられるか、お子さんの教育費にいくらかかるかなど先のことを意識しながら目安を元に計画していきましょう。





狭小住宅のコラム 一覧を見る 狭小住宅の間取り資料 お申し込みはこちら
小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント