狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

工法の違いと特徴

住宅の工法には大きく分けて以下の3つの分類があります。
1 在来木造住宅
2 2X4住宅
3 鉄筋コンクリート住宅

どの工法もそれぞれ長所と短所があるので、短所を補いつつ長所をいかしていくことが大切です。
それぞれの工法について詳しく見ておきましょう。



在来木造住宅

縦と横方向の部材を組み合わせて構造をつくっていきます。
開口部が取りやすく、多湿の日本には適しています。
また、値段やデザイン等非常に幅の広い工法です。
デメリットとしては、工期が比較的長くなってしまうことです。



2X4住宅

床・壁・天井の6面が支える、箱のような工法です。
断熱、気密に優れていますが開口部のとり方等に制約があります。
グレードはほぼ統一され、品質が安定している特徴をもっています。
デメリットとしてはその気密性の高さが、逆に湿気を留めてしまい、腐食の原因になることです。



鉄筋コンクリート住宅
工法の違いと特徴

RC造ということもあり、コンクリート特有の強固さが特徴です。
災害やシロアリにも強く、デザインも自由度の幅が広いです。
デメリットとしては木造よりも材料費が高くなってしまうことです。
優れた気密性による結露にも注意が必要です。





狭小住宅のコラム 一覧を見る 狭小住宅の間取り資料 お申し込みはこちら
小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント