狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

お家の要である「基礎」のお話

注文住宅では見れて、建売住宅では見えないものは何なのでしょうか。
それは「基礎」です。
この基礎はお家を支えるものなので、お家の要と言っても過言ではないでしょう。
今回はそんな重要な「基礎」について考えてみましょう。



「基礎」の重要性

では、「基礎」が悪いとどのような影響が起こるのでしょうか。

・ドアの開け閉めが悪くなる
・ひび割れが生じる
・お家が傾く
等のようにお家の強度を著しく下げてしまうので、しっかりチェックする必要があります。
また、「基礎」の前に地盤を調査するのも忘れないでくださいね。



「基礎」の種類

「基礎」には「布基礎」と「べた基礎」の2種類があります。(「布基礎」と「べた基礎」が一体になったものもあります。)
詳しく見ていきましょう。

・布基礎
 布基礎はTの字を逆さにした断面形状の基礎のことです。
 以前は主流の「基礎」でしたが、今では下記のべた基礎が主流になっています。
 しかし、地盤がしっかりしていれば布基礎でも問題はありません。
・べた基礎
 最近は防湿措置も兼ねてこの、べた基礎が主流になっています。
 地盤の弱い土地に強い基礎なのですが、最近では通常の地盤でも採用されています。
 地震等のリスクからより耐久性のある基礎を望むお客様が多いのです。



鉄筋コンクリート構造がおススメ
お家の要である「基礎」のお話

基礎には鉄筋コンクリート構造のものと、無筋コンクリート構造のものがあります。
これらの違いは、鉄筋が入っているか・入っていないかの違いなのですが地震のことを考えるとやはり、鉄筋コンクリート構造が良いでしょう。
また、力が集中する箇所は鉄筋の本数を増やします。





狭小住宅のコラム 一覧を見る 狭小住宅の間取り資料 お申し込みはこちら
小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント