狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

設計図・竣工図の役割

図面にはいくつか種類があるのをご存知でしょうか。
設計段階、工事段階、竣工時によって内容は異なります。

特に設計図は、色々な場面で必要になってきます。





設計図の役割

お家に関するやり取りにおいて、設計図というのは大切なツールになってきます。
設計段階であれば設計者とお客様、工事段階なら設計者と工事業者・お客様とのコミュニケーションを円滑にすることはもちろんですし、建築確認申請手続きや融資の手続き、住宅性能評価を申請する場合にも必要になってくるのです。



竣工図の役割

では、竣工図は何に用いるのでしょうか。
竣工図は、入居後のアフターメンテナンスやリフォームの際に必要になってきます。
表面の傷みなど目に見えるところなら分かりますが、目で見えない構造部分は竣工図から判断する必要があるためです。
竣工図がない場合は、壁を壊して確認しなければいけなくなってしまいますよ。



大切に管理する
設計図・竣工図の役割

このように、設計図と竣工図は後々必要な場面が出てきます。
しっかりもらい、管理しておきましょう。

お家をつくっただけで安心してしまうのは危険ですよ!





狭小住宅のコラム 一覧を見る 狭小住宅の間取り資料 お申し込みはこちら
小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント