狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

間取り図を描いていくなかで、キッチンは食堂とのつながりでだいたい位置が決まってきますが、浴室、洗面、さらにトイレはどこに配置しようかと迷います。特にトイレは最近の家では2か所つくる例が多く、上下に設けたり、玄関周辺とプライベートエリアに設けたりします。

これらをまとめて水まわり設備と呼んでいますが、これはできるだけ同一ゾーンに集中した方が使いやすく、また経済的です。つまり水まわりの部屋は連続しながら集めてしまう方がいいのです。水まわり設備を集中するとなぜ経済的か。それは給排水管工事が単純化できるからです。つまり配管距離が短くなり、工事も簡略化できます。

また使い勝手の面からいっても、台所で後片付けをしながら洗濯をする、夕食の用意をしながらお風呂を沸かすといったように、家事のながら処理が可能になる利点もあります。つまり家事動線が短く、単純化されて合理的なのです。間取りを考えるにあたっては、このように経済的な面にも配慮しながらまとめることが大切です。


コラム一覧はこちら資料請求はこちら





小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント