狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

敷地と建物の形、位置、道路との関係を表しているのが「配置図」です。
たとえば道路から建物がどのくらい奥まっているのかなどを読み取ることが出来ます。
では、以下のチェック項目をもとに具体的に「配置図」を見てみましょう!



【敷地との関係・道路との関係】

□ 敷地境界と建物の間は、人がスムーズに通れるだけ十分に離れていますか  
□ 日照や隣家のプライバシーを考えて、目隠し用の植栽を計画してありますか
□ 隣家の間取りも考慮して、窓の位置、浴室や寝室の位置、駐車スペースの位置を決めていますか
□ 道路より敷地が高い場合、アプローチ階段は上りやすいですか、また道路は狭くありませんか。
□ 敷地前面の道路幅が4m以下の場合、道路境界線より後退(道路中心線より2m)させたラインで、建物の配置を考えなければなりませんが、その点は大丈夫ですか


【門・アプローチ・玄関まわり】

□ 敷地境界と建物の間は、人がスムーズに通れるだけ十分に離れていますか  
□ 門から玄関までのアプローチは短すぎたり、狭すぎたりしませんか
□ 門扉は出入りしやすい位置にもうけていますか
□ 門扉の開閉スペースは十分確保できていますか、また門扉の前に人の立つスペースも考えてありますか
□ 門扉の開閉に電柱が邪魔になりませんか
□ 玄関前に十分なポーチをつくれるスペースがありますか
□ 玄関ポーチまわりには、冬の北風をさえぎる風除けや、目隠し用の壁や植込みを設けていますか


コラム一覧はこちら資料請求はこちら


小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント