狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

敷地の向き、広さ、道路つきを見ながら、また庭も間取りの一部という視点で理想の間取りをプランニングすることが重要です。

もちろん東西南北を見るだけでなく、隣家など周囲の建物を点検して、それらの影や視線も十分に意識して、解決していくのもポイントになってきます。

例えば、敷地に対する道路が南面のとき、南面に開放的に居室を配する日本的考え方ではちょっと問題が起きます。
南側道路からのアプローチは、東か西に寄せてとり、アプローチと主庭との間に目隠しになる生け垣などをつくるといいでしょう。

ときどき見かける例に、南側道路から中央にアプローチをとっているケースがあります。これでは玄関に入る前にアプローチから家の中をすっかり見すかされてしまいます。
地方の民家などではこのスタイルが見られますが、あれは敷地が何百坪もあり、部屋を奥深く見通せないからいいのです。

アプローチとの絡みでもうひとつ考えておきたいのは車庫スペースです。
通常アプローチ周辺にとりますが、人車兼用にするか、あるいは分離するかです。分離するとスペースも大きくなりますが、きちんとガレージスタイルにしてしまえば車の管理上は安心です。

車のスペースをサービスヤードのほうにとる例もあります。敷地に高低差があれば、車庫は半地下風にするのもいいでしょう。いずれにしろ車のスペースは、敷地対応で間取りをまとめていく時点で、最初から予定しておくべきです。


コラム一覧はこちら資料請求はこちら


小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント