狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

理想の間取りを専門家に描いてもらう方法これから家を建てたい方が方眼紙に向かって希望するラフな図を描いたとします。

プロではないので当然かも知れませんが、
残念ながら、階段のない2階建ての間取り図だったり、出入り口のない部屋をつくったりする人はたくさんいます。

また、肩がこるほど苦労しても、専門家から見ると無理があったり不便だったりする間取りが多いのです。

こう考えると素人が描く図面はあくまでもこちらの希望を専門家に伝えるだけの役割といえます。ひとつのタタキ台といってもいいでしょう。

とすれば方眼紙に図を描くのは苦手、嫌いという人は別の方法を使ってもいいわけです。
その一つの方法として「文字と見本写真設計」があります。
つまり文章でこんな間取り、こんな家と伝えるのです。
文章で表現しきれない場合は、これに希望するイメージの写真をプラスします。
要はこちらの希望イメージが的確に伝わればいいわけです。

ただ、この方法を嫌う設計者もいます。
その理由を聞いてみると、2000万円の家を建てるのに1億円もするような家の写真を切り抜いてきて、こんなふうに設計してというのが困るといいます。
しかし。これは設計者にもう少し柔軟に対応してほしいところです。


コラム一覧はこちら資料請求はこちら


小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント