狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

文章で間取りを伝える際の注意点希望の家を設計者に伝える方法は図面を見せるだけではなく、文章で伝える方法があります。

文章で伝える場合は建物の各部分ごとにできるだけ具体的に抽出することがポイントです。

たとえば建物の外観デザインなら「和風で民家調、洋風でカントリー調、スパニッシュスタイル」など。
エクステリアの場合なら、「門扉はなくてもいい。カーポートとアプローチは兼用にしたい」などと希望を書きます。

続いて各部屋の様式や広さについて、家族の生活習慣などから希望事項を書き出しておきます。

たとえば浴室の場合なら、「木の風呂がいい。システムバスがいい。シャワーは必ずつける。気泡浴槽も考えているが……。出窓が欲しい。全員風呂好きなので少し広くしたい。窓を眺めながら入りたい」と希望を書きだします。

また、家族構成の変化が予測される場合はそれも伝えておきます。
たとえば1年後に田舎から老親を呼び寄せるなど。予定を伝えられると、それに対応した間取りにしておく、あるいは増築しやすい設計にしておくことが可能です。

こんな調子で「文字設計」をしておき、これを写真を見せるなどをしながら設計者に説明すれば、こちらの意図することは十分に伝わると思います。


コラム一覧はこちら資料請求はこちら


小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント