狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

家が完成してからこんなはずじゃなかった!とならないように
図面を練っている段階こそ建て主と設計する人にズレがないかチェックをすることが大切です。

敷地に対して建物の位置を表しているのが「配置図」です。

この図面には、道路境界線、敷地境界線に囲まれた、あなたの敷地が描かれ、その敷地内のどこに、どういう形で建物が建つかが示されています。

それを見ると、道路から建物がどのくらい奥まっているか、敷地から建物がどのくらい離れているかなどの距離をつかむことができます。

さらに配置図には、敷地と道路、敷地と隣地との高低差が敷地を基準に「−600」「+500」といった数字で書き込まれており、敷地が道路より60cm高い、あるいは隣地より50cm低いなどを読み取ることができます。

配置図には、敷地方法、道路位置、幅、よう壁、電柱の位置、方位も描かれています。そのためこの図からは、道路から玄関までのアプローチ、電柱がじゃまにならないか、建物がどちら向きに建つかなどもわかります。

敷地のどこに、どういう形の建物が建つかが描かれていることは同時に外部として生かせるスペースを示していることでもあり、これで、カーポートや庭の広さ、形、位置を掴むこともできます。


コラム一覧はこちら資料請求はこちら


小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント