狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

「ここがイメージと違う!」些細なことでも家が出来上がってしまってからでは遅いかもしれません。
図面の段階で建て主と設計する人のズレを確認をしましょう。

住宅設計の基本となる図面が「間取り図」です。
部屋の数やつながり、広さなどその住宅の全体像を読み取ることができ、住みやすい家かどうかを決めるうえで最も重要な図面といえます。

この図面には、各部屋の位置関係やつながりが描かれていますから、そこで繰り広げられる生活がイメージでき、人の動き(導線)を読み取ることができます。
もちろん1階や、2階の上下関係や部屋の分け方、階段の位置や移動の仕方なども理解できます。

間取り図は決められた表示記号を用いて、壁、ドア、窓、階段、設備機器、収納スペースなどを表記します。

また主要な家具類の配置を記入することもあります。
ドアや窓などの開口部については、間取り図で見ることで、位置、開き勝手、大きさなどを確認でき、日当たりや風通しなどの様子を想像することも可能です。

さらに間取り図には、寸法線を引いて部分と全体の長さが記入してありますから、各部の幅や奥行き、部屋の広さ、建物全体の広さなども把握できます。

住まいの良し悪しは間取り図で決まるといっても過言ではありません。
提示された間取り図の上にあなたの毎日の暮らしをのせながら、とことんチェックしていきましょう。


コラム一覧はこちら資料請求はこちら


小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント