狭小住宅の間取り・3階建てのプランならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・船橋・市川

施工エリア

東京都・神奈川県
埼玉県・千葉県

東京23区 国分寺市 立川市 府中市 横浜市 川崎市 さいたま市 戸田市 志木市 新座市 千葉市 柏市 市川市 船橋市 松戸市

狭小住宅,間取り,施工例,価格,10坪,間取り例,間取り図,20坪,超狭小住宅

あなたの理想の間取りをプロのように図面化する方法があります。方眼紙を使ってみましょう。

方眼紙の一目盛り(1cm)を90cm(畳半畳分)として引いていきます。通常、図面は上を北に、下を南として引きます。したがって日当りのいい部屋にしたいリビングルームやダイニングルーム、子供部屋などは図面でいうと下のほうに引くことになります。

図面に向かうと上が日当たりがよく明るいように錯覚してしまい、下に浴室やトイレなどの水まわりを並べてしまう例も見かけますので注意が必要です。

もうひとつの失敗例としてはスケールの失敗があります。方眼紙の一目盛りを半畳分としてミスの無いようにしましょう。
失敗しているケースとしては、廊下の幅が人間がやっと通れる60cmだったり、逆に3mもある例などが見られます。

建築基準法では有効幅75cmとしていますから、これが最低限の幅になります。しかし、これからはゆとりの住まいが求められること、また高齢化が進むと手すりをつけたり、介護が必要になり車いすを使うケースも出てくるでしょう。とすれば、最低でも90cmの廊下が必要と考えましょう。


コラム一覧はこちら資料請求はこちら



小冊子プレゼントお問い合わせ

注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市  狭小住宅・間取り・国分寺市  耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市  制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
注文住宅・高気密高断熱住宅・さいたま市 狭小住宅・間取り・国分寺市 耐震補強・耐震リフォーム・費用・国分寺市 制震装置・制振装置・MER 3階建て住宅・狭小住宅・中央区
ホームページ制作のe売るしくみ研究所
WEB限定無料プレゼント