狭小住宅施工例

カテゴリーを選ぶ
  • 15坪の施工例:ビルトインガレージ付き狭小二世帯住宅の間取り

    15坪の施工例:ビルトインガレージ付き狭小二世帯住宅の間取り

    狭小地ながら駐車駐輪スペースを確保。 デッキによってプライバシーと開放感の両立を図る。 玄関前には趣味の釣りの道具置き場や下処理の水場を備える

    詳しく見る

  • 18坪の施工例:5人が暮らす2世帯住宅 屋上菜園のある間取り

    18坪の施工例:5人が暮らす2世帯住宅 屋上菜園のある間取り

    敷地面積が18坪強の狭小地に建つ、3階建ての二世帯住宅。
    1階に、キッチンとフレキシブルに使える和空間、その先につながるデッキを設けた73歳の母親のスペースがあります。子世帯の夫の帰宅時間が遅いことから、共用玄関と親世帯を扉で区切り、気兼ねなく2階へ上がれる階段の配置としました。

    2階に着くと、目の前が共用のサニタリー。
    西側の引戸の向こう

    詳しく見る

  • 12坪の施工例:空間がつながる木造3階建て狭小住宅

    12坪の施工例:空間がつながる木造3階建て狭小住宅

    2階に家族が集うリビングダイニングをつくり、その上をトップライトの光がそそぐ吹き抜けとしています。
    3階はその吹き抜けをはさむように両サイドの子供部屋をつくりました。
    吹き抜けに面する子供部屋の壁を腰壁にしています。腰壁の上は「折れ戸」とし、「折れ戸」を畳めば吹き抜けを通してリビングダイニングと一体になり空間が繋がるようにしています。
    「折れ戸」を閉じるか

    詳しく見る

  • 12坪の施工例:南青山の高級住宅地に建つ、地下室のある木造制振3階て住宅

    12坪の施工例:南青山の高級住宅地に建つ、地下室のある木造制振3階て住宅

    南西角に面した狭小地に建つ3階建て都市型住宅です。P様ご夫婦は高品質で上質なお住まいを強くご希望されました。そこで洗練された粗面のレンガタイル調の汚れが付きにくいサイディング仕上げを基調とし、重厚感のある現代的な雰囲気を感じさせたデザインとしました。各階の窓の形状と大きさも既成にとらわれず、上下階の全体のバランスを整えることができ、美しい構成となっています。 
    所在地東京都港区南青山

    詳しく見る

  • 13坪の施工例:南西の狭小角地に建つ、都市型木造3階建て住宅

    13坪の施工例:南西の狭小角地に建つ、都市型木造3階建て住宅

    東京都多摩市の共同住宅にお住いのW様ご夫婦は、三人目のお子様の出産をひかえ、これからのお子様達の成長を含め、東京都文京区白山に13坪のお土地を購入されました。 そこで購入された13坪の狭小地に三階建ての専用住宅をご計画の奥様は、ネットで狭小・三階建てを専門としている住宅会社を検索。そこで我社T&Wのホームページにたどりつき、資料請求をされたとのことです。 木造三階建て住宅のエキスパートであることが決め手になったとのことです。 13坪の狭小敷地は白山通りから側道に入った、南前面道路(歩道を含めた幅員:9m)と西側の私道(幅員:4m)に面した日当たりのよい南西の角地です。 用途地域は近隣商業地域で準防火エリアということで、ご要望の木造三階建てとするためには「耐火建築」とする必要がありました。 その上、耐火建築の場合は、コスト面が最大の課題ということです。そこでティーアンドダブリュー(T&W)が木造耐火建築のエキスパートとして、コスト面を含み、そのメリットを最大限にいかした説明に大変にご納得されたとのことでした。 「コンクリート造(RC造)」や「鉄骨造(SC造)」と比較して、木造の方が躯体費用はもちろんのこと、建物重量が軽く、基礎工事費や地盤改良費を抑えられることができます。 そこで、T&Wの設計・施工実績をはじめ、適正価格で耐久性と耐震性を兼ね備えた、高品質を実現した「木造3階建て都市型住宅」にご納得して頂き、プロデューサーのKさんの経験豊富な丁寧な説明には大変共感されたとのことです。
    所在地東京都文京区白山

    詳しく見る

  • 16坪の施工例:南北の細長い狭小敷地に建つ、北側道路に面する「都市型住宅」

    16坪の施工例:南北の細長い狭小敷地に建つ、北側道路に面する「都市型住宅」

     墨田区押上の南北の細長い狭小敷地に建つ、北側道路の「都市型住宅」の好例紹介です。ご主人様の祖父が遺された、昭和初期の木造家屋の「なごり」を遺した住まいとした新居です。狭小密集地に建つ3階建て木造住宅ですが、通風・採光ともに十分配慮されています。ご夫婦の団らんの場であるL・D・Kを2階に置き、更にリビング南側上部を吹抜けとし、ハイサイドライトを設けることで、より明るく、変化に富んだ広がりある空間が確保されています。3階はコの字型のコートハウス形式とし、センターコートである中庭は屋上庭園として、お茶やバーベキュー等が楽しめるアウトドアリビングとして活用可能です。さらに、それに面した浴室には大型サッシが設けられ、眺めて楽しむ坪庭的使い方や、直接出入りするバスコートとして活用。一般的住宅には見られない、リゾート的な要素が盛り込まれてます。また、昼間は洗濯物干し場としても使用することができるように、工夫されています。洗面所も至近の為、家事動線的にも効率性を重視してあります。どの使い方にしても、ぐるりと部屋に囲まれた空間となっており、周辺からの視線は届きにくく、プライベートはしっかり守れる設計です。
    所在地東京都墨田区押上

    詳しく見る

  • 12坪の施工例:北東角地の狭小敷地に建つ、北側道路に面した「都市型三層住宅」 

    12坪の施工例:北東角地の狭小敷地に建つ、北側道路に面した「都市型三層住宅」 

    今回ご訪問させて頂いたのは板橋区大谷口のS様邸です。お引き渡し間近で残工事と電信柱の移動準備中です。現地は北東角地の狭小敷地で、北側道路に向かって下がっています。そのため道路側から見ると地上3階建てのように見えますが、地階+地上2階建ての「都市型3層住宅」です。お建替えのきっかけは、お子様の成長と築年数がかなり経った木造2階建て住宅で、隙間を感じる冬場の寒さ対策でした。また車のご購入も希望されており、北側道路に面する高低差のある敷地を活用したビルトインガレージを設けることでした。 屋根は道路斜線と北側斜線の急勾配に即したガルバリュウム鋼板葺きです。外壁は窯業系サイディングで水平感ある横目地とし、あきのこないモノトーンでシンプルなデザインです。 室内は上部空間に広さを感じさせる吹き抜けや、最上階の勾配天井にはトップライトを設け、通風・採光・換気を考慮しました。 吹き抜け部分にはお子様の楽しいプレイスペースとしてハンモックを感じさせる「アスレチックネット」張りです。そこは最上階の子供室の床面の広がりと、上下階のコミュニケションが図られています。 内装の仕上げ素材には主に床材と梁のあらわし部分に木質系無垢材を採用。洋材と和材の使い分けで変化のある室内空間が魅力的です。
    所在地東京都板橋区大谷口

    詳しく見る

  • 建築面積15坪弱:目黒区目黒本町に建つ木造3階て二世帯住宅の好例です。

    建築面積15坪弱:目黒区目黒本町に建つ木造3階て二世帯住宅の好例です。

    外観は隣接した建物に三方が囲まれてしまうため、エントランスアプローチを含め、南側前面道路側を正面としたデザインになっています。 外壁は塗装タイプで汚れが付きにくく、雨による洗浄効果のある親水性フッ素クリヤーを使用してあります。太陽光に照らされて反射すると壁面は、波をイメージしたテクスチャーを兼ねそなえ、クリアーなデザインが特徴です。
    所在地東京都目黒区目黒本町

    詳しく見る

  • 建坪10.5坪の、東京都立川市の郊外に建つ、コンパクトな木造2階建て住宅。

    建坪10.5坪の、東京都立川市の郊外に建つ、コンパクトな木造2階建て住宅。

    今回ご紹介させて頂くM様邸は、建築現場も、お引き渡しまでに外構の完成を待つばかりとなりました。建築地は東京都立川市の郊外で、建坪10.5坪の木造2階建て住宅です。もともと東京都立川市在住のご夫婦は、お子様のこれからの成長と教育環境としての学区内を考慮に、立川市の閑静な住宅地のお土地を購入されました。 敷地面積は約26坪ほどありますが、建蔽率が40%ということと、容積率も80%で、法的規制の厳しい中、間取り・プランの創意・工夫で施主様が希望をかなえた、都市型「狭小住宅」の好例です。 外観のデザインは、全体を親しみやすく飽きのこないオフホワイトの「スタッコ」調の防火・耐候性の無石綿の窯業系サイディングを使用してあります。一階部分の正面にはチャコールグレーの木調縦羽目のサイディングでアクセントを加え、シンプルで温かみあるデザインです。 2階の南側バルコニーの手すりの腰壁は横面格子が設置され、軽やかに洗練されたデザインです。 屋根の形状はロフト階と高度斜線にそくした片流れ屋根にしてあり、洗練されたシャープな外観デザインが特徴です。
    所在地東京都立川市柴崎町

    詳しく見る

  • 13坪の施工例:三方道路に面した狭小地に建つキュービックな木造3階建て住宅。

    13坪の施工例:三方道路に面した狭小地に建つキュービックな木造3階建て住宅。

    S様ご夫婦は、数年前に東京都新宿区市谷加賀町に木造モルタル2階建ての中古戸建住宅をご購入されました。築年数も経ち、老朽化した住宅性能を含め、お子様(お嬢様2人)のこれからの成長と、奥様の仕事柄アトリエが必要ということを含め、最上階にルーフバルコニーを持つ3階建て木造住宅の建替え構想が始まったとのことです。 そこで、2年前に「狭小地 木造三階建て住宅 東京」ネット検索され、我社にたどりつきご主人様が資料請求されたとのことです。 ご夫婦はティーアンドダブリュー(T&W)のホームページをご覧いただき、狭小地・変形地を含めたさまざまな条件を技術力で解決した施工例をご覧頂き、T&Wのプロデューサーが狭小住宅のエキスパートであることを理解され、資料請求されたとのことです。 S様の13.47坪の狭小地は閑静な住宅地で、東・西・北の3方向が道路に面した敷地で、用途地域は第一種中高層住居専用地域といわれ、中高層住宅のための地域で、病院・大学・500㎡までの一定のお店などが建てられる地域です。また準防火地域という事もあり、都市計画法第9条20項において「市街地における火災の危険を防除するため定める地域」 として、また、建築基準法および同法施行令において具体的な規制が定められた地域です。 実際にまわりには官舎やマンション等の共同住宅等が点在していますが、S様の狭小地でありながら、三方が幅員ある道路という事がメリットに働き、通風・採光等にも恵まれた環境です。
    所在地東京都新宿区市谷加賀町

    詳しく見る

資料請求