狭小住宅プラン

狭小住宅プラン、10坪・木造3階建て住宅

敷地9.9坪の明るい空間
トップライトと出窓で柔らかい光に包まれる家
狭小住宅プラン、10坪・木造3階建て住宅

限られたスペースを隅々まで使えるよう、間取りや動線を工夫したプランです。
1階は玄関、駐車場・駐輪場と水廻りを配置し、北側道路面に階段をレイアウト。
2階は廊下を通らず、階段踊場から直接寝室や子供部屋に入れるようにしてスペースの有効利用を図っています。

間取り図
  • 断面図
    リビング・ダイニングはトップライトや高窓、横長窓、出窓など、光をふんだんに取り入れるための工夫をしています
    リビング・ダイニングは3m~3.4mの高い天井高を有し、トップライトや高窓、横長窓、出窓など、光をふんだんに取り入れるための工夫をしています。
    風が通り抜ける、明るく開放的な、気持ちの良い空間です。
  • 間取りご紹介
    敷地西側にメインエントランスを設置
    敷地西側にメインエントランスを設置。駐車場内にもサブエントランスを設けています。
    木造3階の細長い断面形状という条件のなかで、構造強度を保ちながら、必要十分な開口をバリエーション豊かに設けています。
    家族が憩うLDKは3階に設置し、周辺の住宅よりも高くして、良好な見晴らしと日照を確保。
    東側2階と3階のバルコニー床は簀の子状となっており、建築面積不算入です。
コンセプト

限られたスペースを、隅々までもれなく使うということがメインテーマです。
1階は玄関、駐車場・駐輪場と水廻りを配置し、北側道路面に2階・3階へ上がる階段をレイアウトしています。
2階は主寝室と子供室が配置されていますが、長い廊下を通らず、階段踊場から直接それぞれの部屋に入れるようにしてスペースの有効利用を図っています。
3階は、ゆったりとしたワンルームのLDKが配置されます。東側にはロフトを設け、天井の低いロフト下を潜り抜けると、狭小地からは想像できないような、大空間のリビング、ダイニングがドラマティックに展開されます。様々な窓から多様な光が注ぎ込み、明るく開放的で居心地の良い快適な空間となっています。

敷地概要・建築概要
  • 用途地域

    第一種住居地域

  • 防火地域

    準防火地域

  • 建蔽率

    68.9%

  • 容積率

    175.6%

  • 高度制限

    第4種高度地区

  • 絶対高さ

    20m

  • 地区計画

    なし

  • 壁面後退

    なし

  • 日影制限

    4h/2.5h 4m

  • 道路幅員

    北側 現況7.97m
    東側 現況5.96m

  • 階数

    地上3階

  • 構造

    木造(準耐火45分)

  • 工法

    在来工法

  • 敷地面積

    32.97m²(9.9坪)

  • 施工床面積

    73.6m²(22.2坪)※駐車場・ロフト含む

  • 延べ床面積

    73.6m²(22.2坪)※駐車場・ロフト含む

  • 容積対象床面積

    57.9m²(17.5坪)※駐車場・ロフト含まず

  • 建築面積

    22.7m²(6.8坪)

  • 容積率

    175.6%

  • 建蔽率

    68.9%

この間取りプランについてのご質問はお気軽に!
資料請求