狭小住宅プラン

14坪の狭小住宅の間取りプラン:木造・RC造・3階建て 2階リビング

生活の変化に柔軟に対応できる間取り
都会でゆったりと住み続けるための3階建て
14坪の狭小住宅の間取りプラン:木造・RC造・3階建て 2階リビング

家族の生活の変化に柔軟に対応できる間取り。
家族の気配を感じ取れる工夫が随所に見て取れます。
バルコニーはリビングがそのまま広がったようなイメージでつくり、実際より広く感じる空間になりました。

間取り図
  • 断面図・立面図
    3階建ては、地震時に2階建てに比べて1階部分により大きな負担がかかります
    3階建ては、地震時に2階建てに比べて1階部分により大きな負担がかかります。また1階は駐車スペースもあるため、2階・3階より面積が小さい構造にしたので、木造だけでは耐震壁の確保が難しいと考え、1階を鉄筋コンクリート造、2・3階を木造としました。
    最上階は厳しい斜線制限を逆手にとって、アーチ状の屋根としました。子どもたちの秘密基地の雰囲気を演出しています。
  • 間取り紹介
    1階:雨に濡れない玄関ポーチと自転車置き場
    【1階】
    ポーチ : 雨に濡れない玄関ポーチと自転車置き場
    玄関 : 将来、体が不自由になっても住み続けられるように、上階へのいす式階段昇降機の設置スペース(乗り場)を考えてあります。
    浴室 : 1坪の大きさの浴室からは坪庭が望めます。
    寝室 : 寝室は就寝のための必要最小限のスペースにとどめ、クローゼットには余裕を持たせました。

    【2階】
    リビング : 一体感のあるリビングとバルコニー。西側は開口部を持たせず、西日を遮ります。
    階段 : リビング・キッチンからも見える、視線が通る階段。
    トイレ : 生活の中心となる2階の目立たない位置に設置。

    【3階】
    吹き抜け : 高い位置からも光を入れて、階段まわりなど奥まで明るく。
    フリースペース : 将来、子供部屋として分ける場合は間仕切り壁を入れられます。
    納戸 : 通常はデッドスペースとなってしまう空間を有効活用。天井は低いですが、収納スペースとして活用できます。
  • キッチンからダイニング・リビングを見たところ
    キッチンからダイニング・リビングを見たところ。キッチンは南向きのカウンタータイプで、全体が見渡せます。リビングの南の壁はあえてふさぐことで、外からの視線を遮りプライバシーを確保。
  • リビングからダイニング・キッチンを見たところ
    リビングからダイニング・キッチンを見たところ。南東の大きな開口から明るい光と風が入ります。2階は生活の中心です。ほぼワンルームの空間となるよう、バルコニーはリビングがそのまま外に広がっていったようなイメージにしました。
コンセプト

家族の生活の変化に柔軟に対応していける
おおらかな住まい。
3階に想定している子供部屋は、現在は間仕切りはなく広い空間ですが、必要に応じて間仕切りを入れて個室を作れるようになっています。

これから生まれるお子様と、成長してからもコミュニケーションをとりやすい工夫を集めました。

生活の中心を2階にすることで、寝室や子供部屋から行きやすくする。
リビングのソファー上は吹き抜けで子供部屋につなげ、お互いの気配を感じられるようにする。
リビング階段で、子供部屋に行くときにかならずリビングを通るようにする。

敷地概要・建築概要
  • 階数

    3階

  • 工法

    1階:コンクリート 2・3階:木造軸組工法

  • 敷地面積

    46.84m²(14.19坪)

  • 施工床面積

    66.73m²(20.22坪)

  • 建築面積

    28.01m²(8.49坪)

この間取りプランについてのご質問はお気軽に!
資料請求